更年期障害の治療をする|プロに相談してササッと治そう

治りにくいがん

がん転移

ナース

すい臓がんは癌の中でもかなり余命が短い癌です。健康診断でもよほどでないと発見できず、症状が出始めた時には転移していることもよくあります。 すい臓はインスリン分泌をしたり、胃から出てきた酸性の食べ物を中和する働きがあります。つまりそこらへんの臓器にいろいろな作用を示す為転移しやすいです。 普通の癌であれば数百万円で治療できますが、すい臓がんの場合手術も、薬剤も効きにくいため普通の癌より費用が嵩みます。健康診断ではまず糖尿病様の結果が見られ、膵液の過剰分泌による激痛を伴うこともあります。 膵炎であっても何も食べないことが治療法の1つであり、立つこともできないほどの激痛に襲われるそうです。今すい臓がんはナノ技術により発見率向上の希望が脚光を浴びています。

すい臓癌の治療法

昔すい臓がんにかかると治療法としては癌転移を防ぐことや、血糖値等をコントロールすることで他の臓器への影響を最小限にする対処療法しかありませんでした。30年ほど前であれば、治療できる病院は日本に数か所しかなくかなりレベルの高いことが伺えます。今でも大病院でないと治療できず、ほとんどの場合大学病院に患者が回ってくるそうです。がん転移を起こしていないケースでも比較的早く広範囲の臓器に転移しやすいため、早期の治療が行われます。 早期発見でき、転移が見られない場合の生存率はかなり高くなってきました。早期発見するためには人間ドックなどの細かな検査が必要となり一般的な診断では手遅れになるケースが多いため、今国として人間ドックを推奨しています。